ワードプレスをデミタスで

クラシファイドってなんだ?

unnamed

ワードプレスの色々なプラグインを日本語化し、諦めそうなところを克服し、弄り倒して、形にしてきたが、そろそろ限界のようだ、というより飽きてきた。

結局、大手プラットフォームに似たものは作れても、個の力では普及させることがかなり難しい。元はWordPressだし、格安レンタルサーバーだから、機能もスピードも、マーケティングも何もかも大手プラットフォームには敵わない。

それでも、ジャンルやテーマを絞ったり、発想を変えることで、ただのブログやコーポレイトサイトよりずっと可能性があり、面白いサイトは運営できるようになります。運営方法まで、大手プラットフォームの真似をしなければいいのだ。あなたの地域や個性や強みを生かそう。

普通のサイトと何が違うのかといえば、結局は、書いた記事に対し、問い合わせが出来てビジネスやコミュニケーションに発展するという事だとわりきって考えると、これまでもいくつか紹介してきた

求人や不動産サイトなどに使える仕組みをご提供します 検索型ディレクトリサイト。アイデア次第で何でも使えます

ジモティーのようなサイトを提供します あなたのアイデア次第に使えます

などは、使い方によって何でも応用できる。
デモサイトがミスリードとなり、こういう使い方しか出来ないとおもわせてしまうかもしれないが、アイデアは無限大だ。
ついでに求人サイトとして紹介している

Googleしごと検索対応の求人サイト 会員が求人投稿するなら断然お勧めです

このようなものも、逆求人サイト(例えば、企業が誰かを募集するのではなく、個人が自分の特技やキャリアを紹介し、欲しい企業を募るといった使い方も出来るはずだ。そっちの方が今の時代面白そうだ。

そんな、検索ディレクトリ、いわゆるクラシファイドサイトを一つ作ってみた。

マイミー – スキルを公開、マッチング
https://my-me.net/

架空のデモサイトを作るのがしんどいので、実際の自分のサービスを紹介していくつもりだ。

会員、あるいはゲストの誰でも参加でき、気になった記事に対し問い合わせが出来るというものだ。

これが、ポータルサイトの最初の一歩であり全てではないかとさえおもう。

ただし、個人のレンタルサーバーのWordPress程度で、各ユーザーのクレジットカードや口座番号は管理できない。つまりは、第三者の売上げに課金するようなことはできない。

これの相談がとても多いが、売り上げに課金する、手数料を徴収するようなビジネスは、WordPressベースだと

驚異の機能/サブスクリプションマーケットプレイスを提供します。

こういうマーケットプレイス、ネットショップの応用でしか出来ないはずだ。
WordPressで出来るのではなく、StripeやPayPalなどの決済システムと連携してはじめて成立するのだ。

大手ではない、コネも金も持たないような個人は、最初から課金、手数料を目指すのではなく、無料で運営して欲しい。そこで体力、信用をつけてはじめて有料化を検討すればいい。この手のサイトの場合はユーザー間のやりとりは全て自由、にぎわってきたら、掲載に課金する程度しかビジネス化は考えられないが、大手プラットフォームのほとんどが、手数料課金するのが当たり前な現状において、無料で掲載できて、手数料もないというのが、唯一個人が対抗できる魅力、武器なのではないだろうか?

サイトは育てて実力がついてからビジネス化、有料化を検討すべきだ。

マイミー – スキルを公開、マッチング
https://my-me.net/

も、本当は色々な使い方が出来ます。
機能を省きまくって簡略化しまくって、こういう体裁になった。
別にマッチングサイトではないが、そういう使い方も出来るぞという感じだ。

サイトは完成するまで隠すのではなく、中途半端な出来でも公開しながら修正、機能追加していった方がいい。

なお、今のところ、この仕組み自体をリリースするつもりはない。
アイデア次第で作り方が無限なので、永遠に実験していくつもりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)