ワードプレスをデミタスで

最近のワードプレスのテーマ事情

all-themes

ワードプレッソを立ち上げた理由は、サーバーのプレゼントドメインだったから(無料)ですが、特にすべきことがありませんでしたので実験と検証ばかりしていました。

ワードプレス関連の様々なブログをみると、ほとんどが同じ内容です。初心者向けの使い方、おなじみのプラグイン紹介、書籍も然りです。

同じことはしたくない、かつてマニアックなプラグイン紹介ブログをやっていたら、質問が殺到し「クレクレ君」ばかりで大変な思いをした経験があるので、そういうものはやめようと心に誓いました。

多くの人が使っているテーマもプラグインもほぼ同じ、売れてるテーマもあれやこれ、それじゃつまらないと最近の海外テーマを覗いてみると昔とは状況がかなり変わっていました。

https://wordpress.org/themes/

ここでテーマを探すかとおもいますが、ここでプレビューするより、デモサイトがあるページまで行って確認したり、一番いいのは自分のワードプレスサイトに気になったテーマをインストールしてプレビューしてみてください。有効化する必要はありません。プレビューするだけで自分のサイトではどのように適用されるかがわかります。カスタマイザーも使えます。ここで「あっ日本語化されてるじゃん」とわかります。保存さえしなければガンガンカスタマイズしても適用はされません。ロゴや様々な要素を適用してみてマッチするか存分に検証できます。

そこまでやっておもうのは、日本語に対応したテーマが結構多いことです。翻訳しなくても、日本語化されており、そのまま使えるものがかなりあります。中には日本で有名なテーマ以上に優れたものも多いです。それを日本語で無料で使えるのだから最高の状態なんです、今・・・

多くのテーマは無料版と有料版に差をつけていて、これ以上多機能なものにしたければ有料版を買ってくださいという流れになっています。
無料版の多くの限界は、色を自在に変えられない、クレジットを削除できない、ソーシャル機能などが限定される、などですが、少し上級者であればこれら制限は超えていけます。

そして、サイトで成果を出すのは、機能じゃありません。コンテンツです。だから無料テーマで充分です。

なので私はすっかり海外テーマを使う人に戻ってしまいました。
しかも使うプラグインの多くは海外製です。海外テーマの方が問題なく機能する、上手くいくことが多いんです。

でもきっとワードプレスのテーマの未来は以下の記事の通りです。サーバー契約すれば魅力的な有料テーマも使える、ホスティング会社が全てを刈り取っていくでしょう。

私たちは心地よいホテルに泊まった時、いちいち寝具や家具のメーカーを確認したりしない。ホスティングサービスはそのような体験の総合化を目指すはずである。

GoDaddyがGutenberg最適化テーマGoをリリース – Capital P

ホスティング企業最大手のGoDaddyがブロックエディターに最適化されたテーマ Go をリリースした。このテーマはGithub上で宣言されている通り、GoDaddyユーザー(go-getters)用に作られたものである。 The most flexible Gutenberg-first WordPress theme built for go-getters everywhere. Github.com godaddy-wordpress/go このテーマは人気ブロックライブラリ CoBlocks に最適化されており、ブロック機能の多くをCoBlocksでまかなう思想のようだ。また、WooCommerceへの対応も銘打たれている。この2つに対応していけば、Webサイト作成の多くの機能をカバーできるという考えだろう。実際、GoDaddyでのホスティングではキャッシュ、解析ツール、バックアップなどの機能が付いてくるため、それほど多くのプラグインが必要になるわけではない。 デモとしてはかなり多くが提供されている。 GitHubのリンクから行くと何が何だかよくわからないが、実際はGoDaddyのホスティング環境でコントロールパネルなどからデモとして閲覧する形なのだと思われる。 さて、Goは先述の通り、GoDaddyの顧客のために作られたと言っても良いテーマである。WordPressテーマディレクトリの文言は少し異なった表現になってはいるのだが。 Go is an innovative, Gutenberg-first WordPress theme, hyper-focused on empowering makers to build beautifully rich websites with WordPress. WordPressテーマディレクトリ WP Engineによる Arrayテーマ買収は記憶に新しいが、GoDaddyは自らテーマをリリースすることでその流れを一歩先に進めた。WordPressの商流を考えると、レンタルサーバーを借りて有料テーマを購入するという流れは徐々に廃れていき、特定の WordPressマネージメントサービスを契約すると高機能なテーマが付いてくるというSaas化に移行 していくだろう。 日本ではまだ「〇〇テーマが使える!」というテーマ作者とホスティング企業のパートナーシップしか目にしないが、そのうちホスティングの中に完全に統合されたサービスとして利用することになるはずだ。私たちは心地よいホテルに泊まった時、いちいち寝具や家具のメーカーを確認したりしない。ホスティングサービスはそのような体験の総合化を目指すはずである。 SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)