ワードプレスをデミタスで

PoeditやLoco Translateだけじゃなくて、My WP Translate

translator

ワードプレスのプラグインやテーマを日本語翻訳するための定番はPoeditやLoco Translateだが、併用すると良いものを備忘録として残しておく。

My WP Translate

昔使っていたので今は忘れたが、自動翻訳してくれる機能はなく、生成される翻訳ファイルも独自のものなので、これと心中せねばならないのでいつのまにか使わなくなっていたが、手動翻訳するなら使いやすい。ブラウザ全体を自動翻訳してしまい、そこで翻訳された日本語を隣に入力していけばいいだけだ。(何を言ってるかわからない)

そこでおかしな日本語は自分の言葉に変えていけばいい。

しかしあえて備忘録を残したのはそのような使い方ではない。

海外の膨大なプラグインやテーマの中には日本語翻訳ファイルが用意されているものがあり、多くの人にとってはありがたいが、これが邪魔な時がある。翻訳が不完全なのだ。ほんの少しだけの翻訳だったり、日本語的におかしな表現だったりする。

自力で翻訳したファイルを

wp-content/plugins/プラグイン名/languages

ここではなく

wp-content/languages/plugins

こちらに置くことで、プラグインが更新されても自分の翻訳は影響を受けないようにすることができる。(先祖帰りを阻止する)が、優先順位は

①wp-content/plugins/プラグイン名/languages
②wp-content/languages/plugins

なのだ。

wp-content/plugins/プラグイン名/languages

ここに親切に日本語翻訳ファイルが用意されているプラグインだと、更新でこっちが優先される。そして不完全な日本語に戻されてしまう。

これを阻止するのに

My WP Translate

は役に立つ。

ここで設定した翻訳が何よりも優先されるので、更新による翻訳の乱れを止めることができる。

100%の翻訳で、日本語も正しいならそれに越したことはないが、言葉がおかしいだけじゃなく、タグを入れているせいで正しく表示されないものがあり、直してもその都度上書きされてきたものを阻止することができました。

不完全、あるいは間違ってる翻訳を何度も更新してくるものに効く。
そんなプラグインは滅多にないけどあるにはある。

上記は正しい使い方ではないかもしれませんが
自分の翻訳ファイルを100%使いたい。表現を変えたい、更新に影響されたくない

という場合は

My WP Translate

これが一番強固です。
全部翻訳せずとも、ここだけは、この表記で固めたいという時に使えます。
もちろん、このプラグインと心中して、これで全部翻訳すればもっとも強固です。