ワードプレスをデミタスで

これからが楽しみなプラグイン JobBoardWP – Job Board Listings and Submissions

header

求人ポータルサイトの選択肢に。

毎日、ではないが自分がチェックするためにこんなリンクをつけている。

https://wordpress.org/plugins/browse/new/

新しく登録されたプラグイン、こんなのが出たんだという参考にしている。
ごくたまに、面白そうなものに出会う。そのひとつがこれだ。

執筆時点で13時間前、まだ10もダウンロードされていないとあるので恐らく日本では初めての利用者が私だろう。そして翻訳ももちろん世界初。そんでもってデモサイトも
https://seven.mixh.jp/Jobboard/

まだテスト、検証なので作りこんでいません。

WordPressというより、海外の求人サイトの作りはJob Boardであり、大体フォーマットが似ている。これを使う以上はこのフォーマットに合わせていくしかない。

求人プラグインも多く扱って、いくつかを商品化しているが一長一短だ。

https://7seconds.jp/product-category/jobsite

一番有名な

はWordPressのAutomatic社製なので一番信頼感があるが、(日本語化されているとあるが、完全ではない)日本人が好むような

検索項目が少ない
表組ではなく自由記述
サムネイルが小さい(大きくするのはかなり大変)

など、日本でなじむかといえば、疑問符がつく仕上がりだ。色々な有料アドオンがあるがピンとこない。その他全ての求人プラグインでいい面となんだかなな面がある。

テーマ含め、有料のすごいゴージャスなものもあるが、応募者のプロフィールが公開されていたりで、日本と文化がちゃうわ、多機能すぎて難しいわで、即導入とはいかない。

この「JobBoardWP」は出たばかりでまだベータ版という扱いだが、日本語化してデモサイトの通りである。

https://seven.mixh.jp/Jobboard/

おなじみのJob Boardスタイルなので目新しさはない
応募フォームやウィジェットはどうやら有料アドオンで展開していくようだ

など、今までとあまり変わり映えはしないがシンプルで使いやすそうな予感がする。
昨今の仕事事情にあわせ、勤務先があるのかリモートワークなのかを選択させるのは興味深い。
日本で有名な「Ultimate Member」というプラグインを手掛けているスタッフで作られているそうなのも心強い。(スコットランドのグラスゴーなんだそう)

現状ではシンプルで軽い、カンタンだというのが何よりも魅力だ。
今後の展開を見守っていきたい。

死んでたサイトに組み込みました。
これ以上の機能はプロバージョンになりそうです。

まだ有料アドオンは公開されていないが、無料バージョンの範囲では、全くGoogleしごと検索に対応していない。

https://kashiwork.com/

実はこういうプラグイン、即戦力で使ってるものもいくつかあるが、今は内緒にしておく。

466文字列

JobBoardWP – Job Board Listings and Submissions

プラグインそのものではなくプラグインの日本語翻訳ファイルになります。

¥3,000