WooCommerceを不動産サイトに変えてしまうすごいやつ

REES – Real Estate for Woo

WooCommerceは決済を使わず、カタログサイトにも出来るし、カートに追加ではなくお問い合わせや見積りにも出来るので、不動産サイトに応用できるとずっとおもっていましたが、説明するのも作るのも面倒なので、何もしていませんでした。

不動産サイトはルールやこだわりが細かそうなのだ。

このプラグインはまだ新しいとおもわれるが、おもっていたことをかなり具体的に実現してくれました。

事例
https://7buddy.com/marketkingtest/shop/

分譲事例
https://7buddy.com/marketkingtest/product/re01/

賃貸事例
https://7buddy.com/marketkingtest/product/chintai02/

WooCommerceの商品データに「不動産」を加え、賃貸と分譲2つの専用ページが作成できます。

GoogleMap APIがあれば、地図表示だけでなく住所から近隣の施設を表示してくれます。現在地から移動距離や時間も算出してくれます。

動画や3Dバーチャルツアーも表示できます。

3Dバーチャルツアーというとすごそうですが、ただの1枚の写真を360度回転してくれるだけなので導入はメチャクチャ簡単です。

住宅ローンシミュレーターも搭載可能ですが、有効化すると分譲にも賃貸にもついてしまいます。賃貸にローンシミュレーターはいらないですが・・・

ファイル添付機能もあり、案内チラシや申し込み用紙などを添付できます。

海外と日本では不動産に関する表記や文化、常識が違うので、翻訳や使い方等で工夫が必要かとおもいます。

ベッドルーム
バスルーム

がいくつもあるような家は日本にはあまりありません。

個室
トイレ

と訳しましたが、少しの工夫で使えるはずです。

何も手を加えていないAstraというテーマでテストしただけなので、もっときれいに表示させることは出来るはずです。

これだけのことが出来てしまう、しかもこのプラグインは無料です。
WooCommerceでも決済機能は使わないので、WordPressのありとあらゆるテーマで作成可能でしょう。

このようなタイプのマーケットプレイスであれば不動産マーケットプレイスも可能かとおもいます。

しかし不動産の入力というのは大変です。難解ではありません。大変なだけです。
情報が多いので当たり前なのです。

データをきちんとまとめる能力が必要です。

もし不動産案件の仕事があったら、私はこれを軸に考えます。

素晴らしいです。

401件の文字列 (23件の未翻訳)

おすすめの記事