Fluent Support-ヘルプデスク、カスタマーサポート

直感的に良さそうだなとおもったので扱ってみました。

もう、お問い合わせフォームという時代ではありません。お客様専用のカスタマーサポートが世界の主流です。

特に海外サイトでは質問などが生じた場合に、ただのお問い合わせフォームではなく、サポートセンターのような機能があり、サポートチケットを作成して提出するシステムがあります。会員である必要がありますが、自分専用のサポートフォーラムが作成され、個別に様々な質疑応答が出来るようになります。

これが、世界の主流のカスタマーサポート機能といえます。

ずばり、それを実現するプラグインで、表示画面も管理画面もとても美しいです。

仮に作成してみました。

https://seven2.mixh.jp/support/

デモユーザー名
tokunaga

パスワード
tokunaga12345

Eコマースや、何かの会員サイト向けの機能ですが、何かを教える、コンサルティングやカウンセリング、士業など、オンラインでユーザーとやりとりするサービスに使えるとおもいます。

サポートを受けるために会員登録が必要なので、必然的に会員が集まることにもなります。

日本では、サポートチケットシステムはまだあまりみかけませんが、いち早く取り入れることで差別化が出来る。ユーザーとのコミュニケーションが非公開で色々と活性化するのではないでしょうか?

私もよく外人とサポートチケットでやりとりをしています。

フリー版
716件の文字列 (13件の未翻訳)

プロ版
96件の文字列 (9件の未翻訳)

Fluent Support

プラグインそのものではなくプラグインの日本語翻訳ファイルになります。

¥6,000
この記事を評価するためにクリックしてください!
[合計: 10 平均: 5]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな猿。こちらがメインサイトです。⇒7seconds.jp

目次