WordPressらしい悩ましい出来事・・・

WordPressは自分やユーザーのプロフィール画像、いわゆるアバターの変更が面倒くさい。

https://ja.gravatar.com/

こんなところに一々登録しないとアバターを設定できない。
これがWordPressがSNSや他のアプリに置いて行かれ、幅広い世代から無関心にされている理由のひとつであるとすらおもう。

それを簡単に変更してくれるプラグインもいくつかあるが、その代表格が

WP User Avatar

というプラグインだった。
他のアバタープラグインと違って、寄稿者でもアバター変更できる機能や、アバター変更ウィジェットがあるので、ユーザーも含めて気軽に使うには一番だった。

しかし、改善というべきか改悪というべきか、このプラグインはつい最近

こんなプラグインに生まれ変わった。名前も変わった。

アバタープラグインというよりは
ログイン・登録、プロフィール、いわゆる会員サイトに必要な機能の集合体になってしまった。

これはこれで大きなステップといえるのだろうが、こういう機能のプラグインは他にもあり、既に入っている。重複してしまっている。フォームデザインがイマイチ、大げさに重くする必要なんてない、という理由から便利なものから厄介な存在に個人的には成り下がってしまった。日本語翻訳も一部を除き刷新されてしまい、未翻訳部分も多い。

今まで
WP User Avatar

を入れてきたサイトがいくつもあるが、どうしてくれようか。

そんな時に早速出てきたのが、表題のプラグインだ。
はっきりいってただの昔のWP User Avatarだ。ほとんど同じ。

しかしアバターはアバターだけの機能でよかったのだ。色々な機能を盛りだくさんにすることで、他のプラグインと重複しややこしいことになってしまう。

刷新するのではなく、新作プラグインとして出せば良いものを。

なので
WP User Avatar

を使っていた部分は徐々に

One User Avatar

に切り替えていくしかない。
あぁ、面倒くさい。

そしてせっかく日本語化されていたのに
One User Avatarには日本語翻訳がないので追加しておきました。

つい最近の出来事だが

WP User Avatar
の評価はダダ下がり

One User Avatar
は出たばかりだが複数の星がついた。

プラグインの開発者はある時、かなりおもいきった改変をする。
そのほとんどが大幅な機能追加なのだが、それがいい場合も悪い場合もある。

特に機能が限られて慣れ親しんだものは、大きな変化があると大抵は大げさで扱いきれないものとなる。

もう
WP User Avatar
を使うことは恐らくないだろう。

お世話になりました。
さようなら。

99件の文字列 (7件の未翻訳)

One User Avatar

プラグインそのものではなくプラグインの日本語翻訳ファイルになります。

¥500
(Visited 38 times, 1 visits today)